発毛倶楽部 45

えっ胃腸薬が育毛剤に!?

 育毛剤は国内だけでも数え切れないぐらいの種類があり、その中に配合されている成分もメーカーによって様々です。でも色々調べてみるとこの育毛剤の成分の大きな特徴は「胃腸薬」が古くから用いられていることです。これは前項で「ストレスは脱毛の母」と言っていたように、ストレスから一番に脱毛にすすむのではなく、まず胃腸関係に異常を起こし、その結果脱毛へとつながっていくのです。そのため、各メーカーの育毛剤を調べてもメイン成分には必ず、胃腸薬関係の成分が含まれています。

 その代表が血行促進タイプの成分で「塩化カルブロニウム」が1968年に胃下垂の治療薬として開発され、現在も皮膚科で脱毛症と診断されると「フロジン液」として処方される。また「センブリエキス」はリンドウ科のセンブリから抽出され、幅広く胃腸関係の医薬品として古くから使用されてきました。そして毛髪に頭皮の毛細血管の増強や皮膚細胞の代謝改善、発毛促進効果があります。また毛母細胞活性タイプとして「チクセツニンジン」はウコギ科のトチバニンジンの根を乾燥したもので古くから滋養強壮、健胃薬として使われ、育毛では血行促進、毛母細胞を活性する働きがあります。栄養補給タイプとして「イノシトール」があります。これはビタミンB郡の一種で「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれ、肝臓に余分な脂肪が蓄積しないよう、脂肪合成を抑え、脂肪肝や肝硬変の治療薬として使用されています。育毛ではイノシトールが神経機能を正常に保ち、細胞に栄養を届ける働きがあり、その結果抜け毛などのトラブルを防いでくれます。保湿タイプとしては「アロエエキス」があります。アロエは様々な効果がありますが、胃腸関係では便秘、大腸炎、胃潰瘍などに効能があり、育毛ではアロエに含まれる「アロイン」が抜け毛の原因の酵素(5αリアクターゼ)の働きを抑制することで注目されている。

 

Access

尼崎市でヘアサロンを運営すると共に様々な頭髪ケア製品の開発も手がけています

概要

店舗名 ハヤセ発毛倶楽部
住所 兵庫県尼崎市武庫之荘1-21-9
電話番号 0120-887-215
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜日 火曜日
最寄り 武庫之荘駅より車4分

アクセス

サロンでの施術で得た知見を活かした、オリジナリティのある頭髪ケア製品やファイスケア製品の開発力が強みです。開発した製品はサロンだけでなく、オンラインでも購入できますので、全国のお客様にご利用いただけます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事